PassBook(Wallet)とは?

PassBookとはAppleの開発したアプリでクーポン、映画のチケット、航空券、ポイントカードなどをデジタル化した“Pass”をまとめて持ち歩く為のアプリです。
このアプリはiOS6以降のiPhone、iPod touchに標準でインストールされています(iPadは非対応)。
iOS9以降は「Wallet」に改名されました。

Androidでも“PassWallet”などのPassBook互換アプリがリリースされており、多くのスマートフォンで利用できるようになりました。
(但し更新の通知にはAppleプッシュ通知サービスの機能を使用している為、Androidでは通知が届きません)

どうやって配ったらいいの?

あなたのカードのURL(https://ipetcards.com/(数字)/)を伝える事で配布できます。
具体的には下記の様な方法が考えられます。

  • PassBookのカード自身に表示されるQRコードを読み取ってもらう
  • ペットの迷子札や犬小屋にQRコード印刷したシールを貼って読み取ってもらう
  • 紙のペット名刺にQRコードを印刷して渡す
  • メールでQRコードのURLを送る
  • 念力で送る(能力者に限る)

iPetCardsは何ができるの?

iPetCardsではPassBookをペット用の電子名刺として利用します。

某政党が某大手広告代理店にPassBookを使ってマニフェストを配布したというニュースで、PassBookにクーポンやチケット以外の用途がある事を知らされ、
「近所のペットのカード化することでベースボールカードみたいにコレクションしたらおもしろいかも?」
と思って始めたサービスです。

紙のペット名刺と違いQRコードやメールなどで無限に配布でき、配布後に更新する事もできます。

「ペットがあかちゃんが生まれたので誰か貰ってくらないかな?」
「引っ越しでペットが飼えなくなったので里親を探したい」
「ペットが迷子になっっちゃったので、見つけたら教えてほしい」
という場合に、過去に名刺を配った知人にお知らせすることも可能です。
更に、iPetCardsでは一ヶ月だけの情報の受付窓口を開設できるので個人情報を一般公開すること無くに情報を集める事ができます。
特に迷子の際は拡散する速さと情報収集の安全性が発揮されます。

謝辞

  • モックアップ画像は〝Free Psd Blueprint Mockup by Antoni Botev〟を利用しています。
  • トップのiPhone画像は〝iPhone5 Vector for illustrator〟を利用しています。
  • iPhone, iPod touch, iOS, PassbookおよびPassbookロゴは米国およびその他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
  • AndroidおよびGoogle Playは米国およびその他の国々で登録されたGoogle Inc.の商標です。
ペット名刺を作ってみる